多汗症、放置するとうつ病に??

多汗症は、まだ世間でもあまり知られていないですよね。
病気として認識されるようになったのも、昨今です。
でも、悩んでいる方にとっては、深刻な問題ですよね。

 

 

この多汗症が「うつ病」を引き起こす原因になってしまうこともあるのです。

 

 

なぜなら、この多汗症は、とても人目を引きやすい病気です。
大量に汗をかくことで、他人から自分がどう見られているのか、気になったり、そのうちに、その他人の視線が恐怖に感じたり、そういった対人関係での恐怖やストレスが、さらに多汗症の症状を悪化させる原因になったりします。
また、手汗で書類が塗れてしまったり、営業中にも顔から大汗をかいたり・・・
仕事に集中できないこともあるのではないでしょうか?

 

そして、まだまだ世間で知られてないことから、周りの理解を得られず、本人がストレスを貯めて、うつ病を併発してしまうことがあるのです。
多汗症のせいで、まさか「うつ病」まで引き起こしてしまうとは!
何としても、併発は防ぎたいですよね!

 

 

 

 

★対策の一つとしての「サラフェプラス」

 

特に顔の汗用として、制汗ジェルの「サラフェプラス」があります。
これには、薬用成分の「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」も含まれていて、汗を抑えて、外に出さない効果があります。
汗の量が約40%も減ったというデータもあります。

 

 

そして、この制汗ジェルには、植物エキスも入っているので、汗を抑えるだけでなく、肌のサラサラ感をを保ってくれるんですよ。
また、日本製、無添加というのも安心ですね。
敏感な肌の人でも、大丈夫なように刺激をゼロにして作ってあるので、年齢を問わず、どなたでも使えますよ!

 

 

 

実際、多汗症で、サラフェプラスを使った方が「汗がまったくでなくなるわけではないですが、人と話しているときもそこまで気にならなくなったので、今後も使っていきたい」と言っています。
人目が気にならなくなったことが大きな変化ですよね!
サラフェプラスで快適な毎日を過ごしませんか?